サーキット・イベント2015

by / 日曜日, 10 5月 2015 / Published in ブログ

毎年5月5日こどもの日に茨城県・筑波サーキットにて開催されていますオールドナウ・カーフェスティバルにて、当クラブでデモランを行いました。

 

 

朝早くからサーキットのパドックには、走行されるフェラーリが続々とやってきます。

サーキット走行をメインとするチャレンジカーから、F40、エンツォ・フェラーリのスペチアーレ車両、550マラネロ、599の12気筒モデル、308GTS、348ts、F355、360モデナ、F430、カリフォルニア、458イタリア、現行モデルの458スペチアーレと新旧のフェラーリが勢揃いしました。

 

 

ドライバーズブリーフィングを行い、いよいよフェラーリカップのキャブレーションが始まります。

スリックタイヤを履くチャレンジマシンは、タイヤ空気圧を気温、路温を見ながら調整し、ベストタイムを狙います。

 

 

デモラン

デモラン

 

続いては、エンツォ・フェラーリとRSD458チャレンジがペースカーとなってパレードラン。そしてフリー走行へと進めていきます。

 

 

 

走行を終えた頃、お昼になり、VIPルームにてランチをとりました。

そして午後になり、フェラーリカップの決勝が行われました。

 

 

10周のレースを楽しみ、チェッカーを受けた後はホームストレートに戻って、コース上に走行されたフェラーリ全車を並べました。

 

 

グランドスタンドへのプレゼントの投げ込み、表彰式を行い、無事にイベントが終了しました。

次回のミーティングは、7月25日、26日の一泊ツーリングになります。

TOP